スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<裁判員制度>施行1年 千葉法相「理念が定着しつつある」(毎日新聞)

 千葉景子法相は21日の閣議後会見で、施行から1年が経過した裁判員制度について「裁判員選任手続きの出席率は8割を超え、経験したほとんどの方が肯定的な回答をしている。これまでのところ順調に実施され、理念が定着しつつある」と述べた。依然として国民の間に抵抗感が残るとの指摘には「裁判員の経験がほかの国民にも伝わり、共有することも大事」と話し、経験者が体験を語る重要性を強調した。【石川淳一】

【関連ニュース】
裁判員制度:会見へ協力求める 新聞協会が文書公表
裁判員制度:「法廷技術向上、弁護士に必要」日弁連会長
裁判員制度:530人に判決、無期懲役は8人…開始1年
娘3人死傷:点滴の母に懲役10年 善悪判断の低下認定
裁判員裁判:点滴に水入れた母に懲役10年 京都地裁判決

石川議員も再聴取 地検特捜部(産経新聞)
<尾瀬>山開き 遅い雪解け、残雪の合間からミズバショウ(毎日新聞)
観光バスと軽自動車衝突=遠足帰り園児ら4人軽傷―長野(時事通信)
早期幕引き狙うが…首相と小沢氏が背負う重い「責任」 (産経新聞)
超々ジュラルミン並み強度 マグネシウム合金開発、熊本大チーム(産経新聞)
スポンサーサイト

南ア観光、商機逃すな 現地で見本市 サッカーW杯(産経新聞)

 【ダーバン(南アフリカ)=真鍋義明】サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会の開幕を約1カ月後に控え、同国のダーバンでアフリカ大陸最大とされる観光見本市「INDABA2010」(南アフリカ観光局主催)が開かれている。同国関係者はW杯をビジネス拡大のチャンスととらえており、「宴の後」の発展に向けて熱心なPR活動を展開している。

 INDABAは南アを中心とした南部アフリカ各国への観光客誘致などを目的に毎年開かれ、例年、旅行業者ら関係者1万人以上が訪れる。

 今年の開催期間は8~11日(現地時間)で、宿泊施設や旅行会社、サファリツアーのイベント会社など1500を超える企業が出展。サッカーボールの巨大オブジェを設置したブースや、サッカーにちなんだアトラクションなどW杯を強く意識した趣向もみられた。

 W杯の優勝トロフィーをかたどった南アの民芸品を販売するブースの責任者、オスカー・ンコギさん(44)は「まだ商売にW杯効果は表れていないが、大会後には多くの観光客やバイヤーが訪れるだろう」と期待を込めていた。

桑原武夫学芸賞に坪内稔典氏(時事通信)
中韓、日本近海で行動活発化 鈍い官邸につけ込む(産経新聞)
高速事故で3人死亡=路肩の車にトラック衝突-山梨・中央道(時事通信)
<桑原武夫学芸賞>坪内稔典さんに決まる(毎日新聞)
訃報 北林谷栄さん98歳=「日本一のおばあちゃん役者」(毎日新聞)
プロフィール

ミスターしろうよこかわ

Author:ミスターしろうよこかわ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。